神待ち掲示板というのはさまざまな危険があるという事が分かりました。お金が無くなってしまったのは正直痛いけど、考え方によってはお金だけで済んで良かったのかもしれません。裏社会の人と接触してしまって身の危険が及ぶよりも大分ましだったのかもしれません。それに未成年の少女と接触してエッチな事をしてしまったら、今頃刑務所に入っている可能性だってあります。そんな事ならなかっただけまだ良かったのかもしれません。

 

そう考えるとネット上に数多く存在する掲示板という類のものはどれも危険なのかもしれません。ついこの前大学の友達がLINEのIDを交換できる掲示板を使っていると聞いたけど、どうやらそれもかなり危険があるみたいです。LINE専用の掲示板も神待ち掲示板と同じで、誰でも利用できるシステムになっているから、どんな人が使っているかわかりません。もしかしたら怖い人と接触することになってしまうかもしれないし、未成年の少女と出会って逮捕されるきっかけになってしまうかもしれません。LINEというとみんなが使っていてポピュラーなものだから安全なように思うけど、名前が違うだけで結局危険が潜む掲示板という事には変わりありません。

 

それにLINE専用の掲示板は、LINEの公式掲示板ではないので、利用すると色々な規制に違反することになってしまうそうです。違反するとID検索が出来なくなったり、ひどい場合にはIDが使えなくなることもあるそうですよ。もちろんそういう規制に掛からないような裏技もあるみたいですけど、ありとあらゆる危険が考えられるので、そんなことまでして利用しようとは思いませんよね。とにかくネット上に存在する誰でも利用できる掲示板の類は、利用目的がどうであれすごく危険だとう事がわかりました。今度友達に会ったら掲示板の怖さを教えてあげようと思います。でも掲示板がダメだとすると、神待ちをしている女性と知り合う他の方法があるのでしょうか。もしかしたらそんな出会い方最初から不可能だったのかもしれません。